自己破産 メリット デメリット

知っておくべきメリットとデメリット

 

自己破産のメリットは、なんと言っても借金が帳消しになることです。
また、手続きの一切を弁護士に依頼すれば、依頼した時点で借金の取り立てがなくなります。
当然、同時に支払いもストップ!その日から借金返済に悩まずに安心して生活することができる、ということは何よりも大きな特徴でしょう。

 

逆にデメリットはというと、一つ目は一定の財産を手放さなくてはいけないということです。
なので、家や自動車など、どうしても手放したくない場合には自己破産ではなく個人再生の利用を検討する必要があります。
(初年度登録から7年以上経っている国産車や仕事に使用する車両などは手放さなくてもOKです。)

 

二つ目は官報、本籍地の市町村役場の破産者名簿に一定期間記載されてしまうということです。
ただ、これに関しては、一般の人が目にすることはほとんどないので、実生活で問題になることはあまりありません。

 

三つ目として、実はこれが一番気になる点かもしれませんが、信用情報機関の個人情報に金融事故として掲載されるということです。
俗に言う「ブラックリストに載る」ということです。
これにより、破産決定後5年〜10年間は、クレジットカードを含む金融機関からの借り入れができなくなります。
(信用情報機関により掲載期間は異なるようです。また、任意整理・個人再生ともに同様の措置がとられます。)

 

四つ目に、破産者が欠格要件となる職業、たとえば弁護士・司法書士・税理士などの資格、会社役員の資格などを失います。
保険外交員や証券外交員などの資格も業務を禁止される場合がありますが、こちらは免責決定と同時に復権できるので、永久的にその職に戻れないわけではありません。

 

最後に、もしかしたらこれが最大のデメリットかもしれませんが、債務者が自己破産しても、その保証人は免責されないということです。
早い話が、保証人は債務者に代わって保証債務について追求され続けます。
なので、自己破産を行う場合には、保証人のことも踏まえてよく検討する必要があるでしょう。

 

いずれにしても、自己破産すればお金を貸してくれた側には大きな不利益を与えるということを自覚しておきましょう。
繰り返しになりますが、自己破産は再スタートのための手続きですから、以降二度と同じ失敗はしない決意を持つことが大切です。

 

 

24時間・全国対応・無料で利用できる!

借金解決診断シミュレーター

↓↓↓ご利用はこちら!↓↓↓